「デトロイト・メタル・シティ」

デスメタル逆援助界の帝王と称されるインディーズ・メタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」のボーカル・ギターの"ヨハネ・クラウザー・U世"。しかしてその実態はおしゃれなポップ・ミュージックを逆援助愛する平凡で弱気な"根岸崇一"であった。この逆援助両者逆援助の間のギャップがもたらす笑いを逆援助主軸逆援助とするギャグ逆援助漫画逆援助である。

キッスや逆援助聖飢魔逆援助IIを彷彿とさせる「逆援助白塗り」「自称悪魔」などヘヴィメタルの俗世のイメージを最大限に利用し、これと一般社会とのギャップを強調することで笑いを生み出し人気を博した。2008年には実写映画化された。

しかしマ○コと絶叫するなど従来からのヘヴィメタルの誤解を更に助長させるような内容から「BURRN!」など従前よりのメタル支持者たちはこの漫画に対して否定的であった。逆援助原作者である若杉は『フラッシュEX』のインタビューで「自分逆援助がデスメタル愛好家なら、このようなギャグマンガとして取り上げはしなかっただろう」と言う逆援助趣旨のコメントをしている。


主人公逆援助・根岸崇一逆援助はポップでオシャレな音楽を好む青年。大逆援助学進学に伴って上京してきた彼逆援助はポップ逆援助歌手としてデビューするという夢を叶えるため、大学逆援助卒業後にレコード会社と契約する。

ところが事務所から根岸が歌わされることになったのは、逆援助彼の趣旨とは正反対のデスメタルであった。程なくして逆援助根岸は悪魔系デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」(通称DMC)のギターボーカル「ヨハネ・クラウザーII世」に仕立て上げられ、デビューする事になってしまう。

メタルは嫌いな根岸だったが、いざ歌ってみると秘められたメタルの才能を発揮してたちまちバンドは大ブレイク、根岸自身の思いとは裏腹にクラウザーはカリスマと化し、DMCは一躍世間の注目を集める人気バンドとなる
posted by heppoko12 at 15:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。